ベアテ・シロタと日本国憲法

ナスリーン・アジミ, ミッシェル・ワッセルマン 著 ; 小泉直子 訳

憲法に男女平等を書き込んだベアテ。その父は日本に西洋音楽を伝えた世界的なピアニストだった。理想主義と人間への信頼に生きた父娘の稀有な生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(父、レオ-日本の音楽家を育てた天才ピアニスト
  • 娘、ベアテ-男女平等を日本国憲法に書き込む
  • アメリカ帰国後のベアテ-アジア文化の紹介者として)
  • 第2部(思い起こされる日々-ベアテへのインタビュー
  • ベアテ最後の日々(ニコル・ゴードン))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベアテ・シロタと日本国憲法
著作者等 Azimi, Nassrine
Rham-Azimi, Nassrine de
Wasserman, Michel
小泉 直子
ワッセルマン ミッシェル
アジミ ナスリーン
書名ヨミ ベアテ シロタ ト ニホンコク ケンポウ : チチ ト ムスメ ノ モノガタリ
書名別名 父と娘の物語
シリーズ名 岩波ブックレット No.889
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.1
ページ数 71p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270889-8
NCID BB14396567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22367832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想