万物は流転する

ワシーリー・グロスマン [著] ; 齋藤紘一 訳

1953年、スターリンが死んだ。神のような指導者の突然の死が、国土を震撼させる。ラーゲリ(強制労働収容所)からは何百万もの人びとがぞくぞく出所してきた。主人公イワン・グリゴーリエヴィチは自由を擁護する発言を密告され、29年間、囚人であった。かつて家族の希望の星だった育年は、老人となって社会に戻った。地方都市でささやかな職を得たイワンは、白髪が目立つが美しい女性アンナと愛しあうようになる。彼女には、ウクライナで農民から穀物を収奪し飢饉に追い込んだ30年代の党の政策に、活動家として従事した過去があった。生涯で一番大事なことを語りあうふたり。しかし…。作家グロスマンが死の床でも手離さなかった渾身の遺作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 万物は流転する
著作者等 Grossman, V. S.
Grossman, Vasiliĭ
亀山 郁夫
齋藤 紘一
グロスマン ワシーリー
書名ヨミ バンブツ ワ ルテン スル
書名別名 BCE TEЧET...

Banbutsu wa ruten suru
出版元 みすず書房
刊行年月 2013.12
ページ数 296p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07784-8
NCID BB14380862
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22349994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想