日本はロシアのエネルギーをどう使うか

本村眞澄 [著]

日本の死活問題=エネルギー資源の確保に隣国ロシアがもつ可能性とは。エネルギーをめぐる日ロのプロジェクトの現状を追い、さらに資源を仲立ちとする国際関係の安定化を構想する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本による戦前のサハリン開発(サハリンの基本的な地質形成
  • サハリンでの石油開発と日本の参加)
  • 第2章 戦後の日ソ経済協力-チュメニ油田開発構想とサハリン開発協力(日ソ経済委員会とチュメニ油田開発
  • 田中内閣の資源外交
  • SODECOによるサハリン大陸棚開発協力
  • ヤクート天然ガス開発)
  • 第3章 PS契約のもとでのサハリン大陸棚開発(サハリン1の動向
  • サハリン2の動向
  • サハリン3〜5の石油・ガス開発事業)
  • 第4章 ESPOパイプライン建設と日本の役割(極東にあらわれた新たな石油の流れ
  • 東シベリア・太平洋パイプラインに見るロシアの戦略
  • なぜロシア原油が歓迎されているのか?
  • 日本の中東依存度は低下した)
  • 第5章 JOGMECが参入した東シベリア開発(東シベリアの特質
  • 日露両国政府の合意
  • 東シベリアでの日露共同事業
  • ロシアからエネルギー供給の持つ意味合い)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本はロシアのエネルギーをどう使うか
著作者等 本村 眞澄
書名ヨミ ニホン ワ ロシア ノ エネルギー オ ドウ ツカウカ
シリーズ名 ユーラシア・ブックレット / ユーラシア研究所・ブックレット編集委員会 企画・編集 no.187
出版元 東洋書店
刊行年月 2013.12
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86459-158-4
NCID BB14378565
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22432023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想