いのちを選ぶ社会 : 出生前診断のいま

坂井律子 著

子どもを帯むことが幸せな体験であり続けるには?誰もが差別されずに生きていくには?NHKプロデューサーが悩みながらその答えを探る、リアルでしなやかなリポート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新型検査の上陸-2012年・日本(新型とは何か
  • 99%の意味 ほか)
  • 第2章 出生前検査が浸透した国-2013年・フランス(医師の言葉と96%
  • 「答申120号」 ほか)
  • 第3章 スクリーニングの歴史と思想(優生学の肯定?
  • 裏口から表のほうへ ほか)
  • 第4章 日本の歩んだ道(3度目の大波
  • 「不幸な子ども」 ほか)
  • 第5章 どんな社会をつくってゆくのか(NIPT開始6か月
  • ふたりの医師 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いのちを選ぶ社会 : 出生前診断のいま
著作者等 坂井 律子
書名ヨミ イノチ オ エラブ シャカイ : シュッショウマエ シンダン ノ イマ
書名別名 Inochi o erabu shakai
出版元 NHK
刊行年月 2013.12
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-081622-6
NCID BB14364072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22353023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想