日中関係史 = Modern History of Japan-China Relations

国分良成, 添谷芳秀, 高原明生, 川島真 著

日中関係は、どこから来て、いまどこにあり、どこへ向かおうとしているのか。主に政治関係史の視点から1949年の中華人民共和国成立以前の日中関係を概説した上で、1949年以後の日中関係を第一線の研究者が分析・解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 1949年以前の日中関係-競存と対立の間
  • 第1章 1950年代の日中関係-「二つの中国」との関係の形成
  • 第2章 1960年代の日中関係-「二つの中国」の狭間で
  • 第3章 1970年代の日中関係-国際政治と日中関係の再編
  • 第4章 1980年代の日中関係-大いなる発展と諸問題の表出
  • 第5章 1990年代の日中関係-中国の台頭と摩擦の増大
  • 第6章 21世紀初頭の日中関係-戦略的互恵関係への険しい道のり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日中関係史 = Modern History of Japan-China Relations
著作者等 国分 良成
川島 真
添谷 芳秀
高原 明生
書名ヨミ ニッチュウ カンケイシ
書名別名 Modern History of Japan-China Relations
シリーズ名 Specialized
有斐閣アルマ
出版元 有斐閣
刊行年月 2013.12
ページ数 286p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-22006-5
NCID BB14348666
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22351118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想