和歌文学大系  60

久保田淳 監修

「み吉野は山も霞みて白雪のふりにし里に春はきにけり」-新古今和歌集巻頭歌の作者で、同集下命者後鳥羽院の意を体してその仮名序をも書いた、和漢兼作の才を兼備しながら急逝した後京極良経の家集『秋篠月清集』、「雲ヲ出デテ我ニトモナフ冬ノ月 風ヤ身ニシム雲ヤツメタキ」-栂尾高山寺中興の高僧で、「心数寄(すき)たる人」であれと教えたという明恵(高弁上人)の『明恵上人歌集』。鎌倉時代のはじめの珠玉の二歌集に詳注を加えた一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 秋篠月清集
  • 明恵上人歌集

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 和歌文学大系
著作者等 久保田 淳
平野 多恵
明恵
藤原 良経
谷 知子
高信
書名ヨミ ワカ ブンガク タイケイ
書名別名 明恵上人歌集

秋篠月清集
巻冊次 60
出版元 明治書院
刊行年月 2013.12
ページ数 442p
大きさ 22cm
付随資料 9p.
ISBN 978-4-625-42413-7
NCID BB14339133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22345891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
明恵上人歌集 平野多恵, 明恵
秋篠月清集 藤原良経, 谷知子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想