発達科学ハンドブック  7

日本発達心理学会 編

「災害・危機」という経験は、個人や関係の発達にどのような影響を与えていくのか?私たちはどのように災害・危機とむきあい、つきあうことが可能になるのか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総括編(臨床・発達からみた災害・危機
  • 社会・文化からみた災害・危機)
  • 第2部 領域編:人間を取りまくさまざまな災害・危機(自然災害
  • 原子力災害(人災、福島、チエルノブイリ) ほか)
  • 第3部 キーワード編:災害・危機を解き明かす(愛着
  • 解離性障害 ほか)
  • 第4部 事例編(乳幼児の事例
  • 学齢期の事例 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発達科学ハンドブック
著作者等 前川 あさ美
日本発達心理学会
矢守 克也
書名ヨミ ハッタツ カガク ハンドブック
書名別名 災害・危機と人間
巻冊次 7
出版元 新曜社
刊行年月 2013.12
ページ数 307p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7885-1365-5
NCID BB14336871
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22346393
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
これからの防災教育はどうあるべきか 片田敏孝
アスペルガー症候群をもつ幼児の事例 西本絹子
コミュニティ支援 伊藤哲司
トラウマを経験した幼児の事例 前川あさ美
ネット社会が生み出す災害・危機 関谷直也
パンデミック 吉川肇子
ボランティア〈ボランティア活動,NGO〉 渥美公秀
メディアの役割 今野公美子, 外岡秀俊
リスク認知 上市秀雄, 楠見孝
レジリエンス 川野健治
原子力災害〈人災,福島,チェルノブイリ〉 中嶋励子
大学生の被災地支援 関嘉寛
子どもの虐待という危機 前川あさ美, 菅野恵
学会・職能団体の連携による支援 長崎勤
学校における災害・危機 瀧野揚三
復興のプロセス 宮本匠
悲嘆の心理 金谷京子
愛着 井上孝之
戦争・テロ 釘原直樹
支援者のバーンアウト 平野幹雄
東日本大震災が障害をもった子どもたちに与えた影響 須藤幸恵
死と喪失 やまだようこ
災害・危機と人間 前川あさ美, 矢守克也
災害・危機と人間 前川あさ美, 矢守克也
災害・危機への研究アプローチ 八ツ塚一郎
社会・文化からみた災害・危機 矢守克也
福島第一原発事故により避難生活を送る家族 東敦子
臨床・発達からみた災害・危機 前川あさ美
自然災害 近藤誠司
自然災害と障害をめぐる国際的動向 阪本真由美
解離性障害 柴山雅俊
通学路の変更が登校渋りを引き起こす要因となった事例 佐々木暁子
阪神・淡路大震災,東日本大震災における避難所,仮設住宅から 黒田裕子
防災教育 城下英行
障害者支援 安達潤
震災遺族が「生きる希望」を見いだすとき 魚住由紀
高校の環境防災科における防災教育 諏訪清二
高齢者にこそ必要な支援のあり方 中村淳子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想