本当はエロいシェイクスピア = EROTICISM IN SHAKESPEARE

小野俊太郎 著

多くの道徳的な訓話を生み出してきたイギリス文学史上、いや、世界文学史上もっとも広く読まれている古典は、こんなにも「男装」や「レイプ」「ベッドトリック」「覗き」などエロティックな部分に満ちていた!多くの識者があえて語るのをためらい、避けてきたシェイクスピアの真実を、没後四百周年が近づいた今、白日の下にさらしてみようじゃないか!人間の「下部」構造から読む、"大人のためのシェイクスピア"いざ、開幕!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 男たちの妄想領域(エロティックな想像力が爆発する
  • 他人の家に入りこむ男たち
  • 精力絶倫伝説)
  • 第2部 女たちの色仕掛け(娼婦たちが誘惑する
  • 男装する麗人たち
  • ベッドに寝ていたのは別人)
  • 第3部 ディープな世界へようこそ(覗きと嫉妬の修羅場
  • レイプと欲望の暴走
  • 近親姦と同性愛)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 本当はエロいシェイクスピア = EROTICISM IN SHAKESPEARE
著作者等 小野 俊太郎
書名ヨミ ホントウ ワ エロイ シェイクスピア
書名別名 EROTICISM IN SHAKESPEARE
シリーズ名 フィギュール彩 8
出版元 彩流社
刊行年月 2013.12
ページ数 175p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7791-7008-9
NCID BB14336678
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22349625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想