死なないやつら : 極限から考える「生命とは何か」

長沼毅 著

超高温、超高圧、高塩分、強放射線、強重力…過酷な環境をものともしない極限生物たちの驚異の能力と、不可解きわまる進化。シュレーディンガーの生命観、エントロピー増大の原理を超えて40億年も地球にはびこる「不安定な炭素化合物」の本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「生命とは何か」とは何か(辞書ではわからない「生命とは何か」
  • 「Why?」を問うメタバイオロジー ほか)
  • 第2章 極限生物からみた生命(物理学者と生物学者の違い
  • 「極限生物」にみる地球生命の「エッジ」 ほか)
  • 第3章 進化とは何か(「わけがわからない」極限生物の進化
  • 「進化」は生命であることの条件 ほか)
  • 第4章 遺伝子からみた生命(ドーキンスにまつわる誤解
  • 遺伝子が知っている「情けは人のためならず」 ほか)
  • 第5章 宇宙にとって生命とは何か(「物質としての生命」の謎
  • 10年前の借金を返す義務はあるか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死なないやつら : 極限から考える「生命とは何か」
著作者等 長沼 毅
書名ヨミ シナナイ ヤツラ : キョクゲン カラ カンガエル セイメイ トワ ナニカ
シリーズ名 ブルーバックス B-1844
出版元 講談社
刊行年月 2013.12
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257844-8
NCID BB14329344
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22350398
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想