日本写真史  上 (幕末維新から高度成長期まで)

鳥原学 著

19世紀半ば、日本へ輸入された写真。日露戦争を経て新聞・出版メディアが拡大するなか報道写真が成長。第二次世界大戦時にはプロパガンダに利用され、また敗戦直後には「マッカーサーと天皇」の写真のように、社会に大きな影響力を持つようになった。戦後は戦禍や公害問題を追及するリアリズム写真が隆盛を誇ったが、経済成長とともに私的テーマ、広告へと多彩化する。本書は1974年まで120年に及ぶ歴史を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 メディアのなかへ-大正期〜第二次世界大戦(アマチュア写真家と写壇の成立
  • ドイツからの衝撃
  • 報道と宣伝-戦争の時代のなかで)
  • 第2章 敗戦・戦後の風景-1945年〜59年(焼け跡に立った写真家
  • 報道写真の再起
  • 写真のヌーベルヴァーグ)
  • 第3章 高度成長と国際化の自写像-1960〜74年(ナショナル・アイデンティティの再構築
  • 原点と自立への志向
  • 私生活の描写とアートとしての自律)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本写真史
著作者等 鳥原 学
書名ヨミ ニホン シャシンシ
シリーズ名 中公新書 2247
巻冊次 上 (幕末維新から高度成長期まで)
出版元 中央公論新社
刊行年月 2013.12
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102247-9
NCID BB14327950
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22360598
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想