歳時記百話 : 季を生きる

高橋睦郎 著

歳時記は俳句を詠む人だけのものではない。季節を知り、人生を生き抜くため、私たちが祖先から受け継いできた知恵が詰まっている。すべての日本人の心情と生活の原点なのだ。本書では四季を彩る花々を中心に、雲雀などの鳥、薫風などの気象、涅槃会や酉の市など年中行事、そして芭蕉忌に至るまで、一年の折々にあらわれる豊富な事物を、古今東西の句歌詩文を通して味わう。巻末に俳人・宇多喜代子氏との対談を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 春(早春賦
  • 東風 ほか)
  • 夏(葵祭
  • 薔薇 ほか)
  • 秋(終戦忌
  • 震災忌 ほか)
  • 冬(神無月
  • 酉の市 ほか)
  • 新年(初茜
  • 初春 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歳時記百話 : 季を生きる
著作者等 高橋 睦郎
書名ヨミ サイジキ ヒャクワ : キ オ イキル
書名別名 Saijiki hyakuwa
シリーズ名 中公新書 2246
出版元 中央公論新社
刊行年月 2013.12
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102246-2
NCID BB14327393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22359234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想