鉄道会社の経営 : ローカル線からエキナカまで

佐藤信之 著

通勤通学に欠かせない大都市の路線、飛行機と熾烈な競争を繰り広げる新幹線、風光明媚なローカル線…。日本の鉄道はバラエティに富んでいるが、それらの経営はいったいどのようにして成り立っているのだろうか。観光に活路を見出す地方私鉄、エキナカで増収を図るJRなど、身近にありながら知ることの少ない鉄道会社の経営について、歴史と現状を解説。さらに今後の鉄道を、誰が、どうやって維持していくかを提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 鉄道の経営とは
  • 2 日本の鉄道事業の特徴
  • 3 新幹線鉄道網の形成
  • 4 都市鉄道の整備
  • 5 鉄道会社のレジャー開発
  • 6 鉄道会社の増収努力
  • 7 鉄道会社の観光開発
  • 8 鉄道会社の沿線開発-住宅地とターミナル
  • 9 鉄道会社のエキナカビジネス-JR東日本の場合
  • 10 必要な鉄道の維持のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鉄道会社の経営 : ローカル線からエキナカまで
著作者等 佐藤 信之
書名ヨミ テツドウ ガイシャ ノ ケイエイ : ローカルセン カラ エキナカ マデ
シリーズ名 中公新書 2245
出版元 中央公論新社
刊行年月 2013.12
ページ数 310p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102245-5
NCID BB14326765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22360596
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想