川端康成随筆集

川端康成 [著] ; 川西政明 編

ノーベル賞講演「美しい日本の私」をはじめ、"あらゆる芸術の極意は、「末期の眼」"と述べた「末期の眼」、日々の素顔を映しだす連作エッセイ「落花流水」、友人への追悼文「横光利一弔辞」など、川端康成(1899‐1972)の珠玉の随筆31篇を収録する。これらは、「伊豆の踊子」「雪国」など川端の小説の背景を知るためには欠かせないものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(末期の眼
  • ほろびぬ美 ほか)
  • 2 落花流水(行燈
  • 伊豆行 ほか)
  • 3(片岡鉄兵の死
  • 横光利一弔辞 ほか)
  • 4(私のふるさと
  • 芥川竜之介と菊池寛 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 川端康成随筆集
著作者等 川端 康成
川西 政明
書名ヨミ カワバタ ヤスナリ ズイヒツシュウ
書名別名 Kawabata yasunari zuihitsushu
シリーズ名 岩波文庫 31-081-5
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.12
ページ数 485p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-310815-4
NCID BB14320634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22357751
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想