言葉と歩く日記

多和田葉子 著

熊の前足と人の手、ドイツ語では表わす単語が違う。では人の言葉で語る熊は、自分の手を何と表すのだろう-。日独二カ国語で書くエクソフォニー作家が「自分の観察日記」をつけた。各地を旅する日常は、まさに言葉と歩く日々。言葉と出逢い遊び、言葉を考え生みだす、そこにふと見える世界とは?作家の思考を「体感」させる一冊。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言葉と歩く日記
著作者等 多和田 葉子
書名ヨミ コトバ ト アルク ニッキ
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1465
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.12
ページ数 232,4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431465-3
NCID BB14320543
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22358967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想