植民地朝鮮と日本

趙景達 著

一九一〇年、日本の植民地となった朝鮮は武断政治といわれる憲兵警察体制下におかれた。一九一九年の三・一運動を始めとする民族運動・民衆運動、文化政治への転換、植民地下の近代、独立運動の苦闘の中で生み出された様々な思想、戦時下の「内鮮一体」の実態等を述べ、植民地支配の本質を明らかにする通史。『近代朝鮮と日本』の続編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の軍事支配
  • 第2章 三・一運動
  • 第3章 文化政治への転換
  • 第4章 民族運動の展開
  • 第5章 植民地の近代
  • 第6章 文化政治の終焉と日本人
  • 第7章 戦時体制と朝鮮
  • 第8章 戦争と解放

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植民地朝鮮と日本
著作者等 趙 景達
書名ヨミ ショクミンチ チョウセン ト ニホン
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1463
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.12
ページ数 244,16p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431463-9
NCID BB14319748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22358965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想