性と法律 : 変わったこと、変えたいこと

角田由紀子 著

DV防止法、児童虐待防止法、セクハラに関する規定など、近年、当事者側の声から生まれた法律等がある一方、民法、刑法、売春防止法等は、長年、変わっていない。離婚、親権、賃金差別、性暴力…四〇年近く弁護士としてさまざまなケースに携わってきた著者が、性をめぐる法の問題点を明らかにし、未来に向けて提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 結婚、離婚と子ども
  • 2 ドメスティック・バイオレンス
  • 3 女性が働くとき
  • 4 性暴力
  • 5 セクシュアル・ハラスメント
  • 6 売買春と法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性と法律 : 変わったこと、変えたいこと
著作者等 角田 由紀子
書名ヨミ セイ ト ホウリツ : カワッタ コト カエタイ コト
書名別名 Sei to horitsu
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1461
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.12
ページ数 259,5p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431461-5
NCID BB14318075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22359295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想