ミツバチ大量死は警告する

岡田幹治 著

二一世紀になってにわかに発生した「蜂群崩壊現象」。地球上の様々な場所で同時多発的に大量のミツバチが姿を消したこの現象は、世界中を震撼させた。著者は、日本で実情を探るうち、主要因を突き止める。真犯人に浮上したのは、ハチのみならず生態系全体、さらには人間にとっても脅威となる、戦慄の化学物質だった…。人間の生活環境のみならず、生態系にまで深刻なダメージを与える環境化学物質の実態を詳細にリポートする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ミツバチ一家は完全分業
  • 第1章 ミツバチの墓があちこちに
  • 第2章 なぜミツバチは減り続けるのか
  • 第3章 アメリカのミツバチは疲労困憊
  • 第4章 農薬規制に動いたEUの国々
  • 第5章 ネオニコチノイド系農薬の罪と罰
  • 第6章 「農薬安全神話」のまやかし
  • 第7章 生物多様性の宝庫・田んぼの危機
  • 第8章 急増する子どもたちの異変
  • 第9章 広がり、深刻になる健康被害
  • 第10章 「脱・化学物質づけ」への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミツバチ大量死は警告する
著作者等 岡田 幹治
書名ヨミ ミツバチ タイリョウシ ワ ケイコク スル
書名別名 Mitsubachi tairyoshi wa keikoku suru
シリーズ名 集英社新書 0717
出版元 集英社
刊行年月 2013.12
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720717-0
NCID BB14314391
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22345616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想