本当に役に立つ「汚染地図」

沢野伸浩 著

地図データを駆使した防災研究を専門とする著者は、福島原発事故後、米軍がネットで公開した放射能実測値をGIS(地理情報システム)という最新ソフトウェアに落とし込んで「セシウム汚染地図」を作成した。「地図屋」の立場で放射能問題に関わるようになった著者が、地理情報の実践的な活用ノウハウを提示する。福島第一原発周辺汚染状況の3Dマップ、飯舘村の地区単位の汚染濃度分布図、関東一帯の「放射線管理区域該当エリア」など、貴重なオリジナル図版を本書に多数収録。また、大型水害時の「見えない水路」を可視化する試みなど、災害対応に役立つ広範な事例も報告する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 SPEEDIは「時代遅れ」だった(解析されなかった「放射能実測値」
  • なぜ「日本測地系」? ほか)
  • 第1章 どうやって「汚染地図」を作成したのか(大学の教室で「実測値」を発見する
  • 生データから「セシウム汚染地図」を作る ほか)
  • 第2章 「GIS」とは何か(「ナホトカ号事故」被災現場で
  • 杭を打ち込んでも、位置はわからない ほか)
  • 第3章 データを「活かす」道を探る(日本政府は、なぜ「放射能実測値」データを黙殺したのか
  • 米国政府が「放射能実測値」を一般公開した意図を探る ほか)
  • 第4章 GISを活用するには(ファストフードの出店計画にも利用されている
  • 情報解析の世界標準インフラ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 本当に役に立つ「汚染地図」
著作者等 沢野 伸浩
書名ヨミ ホントウ ニ ヤク ニ タツ オセン チズ
書名別名 Honto ni yaku ni tatsu osen chizu
シリーズ名 集英社新書 0719
出版元 集英社
刊行年月 2013.12
ページ数 184p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720719-4
NCID BB1431429X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22346127
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想