科学vs.キリスト教 : 世界史の転換

岡崎勝世 著

「天地創造」は6000年前、アダムはすべての人類の祖…「常識」は、いかに覆されたか?知の大転換のプロセスをスリリングに描く!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 科学革命と普遍史の危機-宇宙から機械論的宇宙へ(デカルトと普遍史の危機-デカルト『哲学の原理』(一六四四)
  • ニュートンと普遍史の変革)
  • 第2章 啓蒙主義における自然史の形成と人間観の変革(ビュフォンの自然史記述と啓蒙主義的世界史-『自然の諸時期』(一七七八)
  • 人間観の変革-リンネ『自然の体系』の人間論とブルーメンバッハの修正)
  • 第3章 ドイツ啓蒙主義歴史学における普遍史から世界史への転換(ガッテラーにおける普遍史から世界史への転換
  • シュレーツァーにおける普遍史から世界史への転換)
  • 第4章 進化論と世界史-世界史記述におけるアダムの死(ハックスレーとラボック-「アダム」から「先史時代」へ
  • 進化論と地球の年齢の問題-ダーウィンとケルヴィン卿)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学vs.キリスト教 : 世界史の転換
著作者等 岡崎 勝世
書名ヨミ カガク ヴイエス キリストキョウ : セカイシ ノ テンカン
書名別名 Kagaku vuiesu kirisutokyo
シリーズ名 講談社現代新書 2241
出版元 講談社
刊行年月 2013.12
ページ数 298p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288241-5
NCID BB14309802
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22348641
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想