「格差」の戦後史 : 階級社会日本の履歴書

橋本健二 著

日本社会はいかにして、現在のようなかたちになったのか-格差拡大は1980年代に始まり現在も続いている巨大なトレンドであることを実証的に示し、根拠なき格差論議に終止符を打った現代社会論の基本文献。東日本大震災後、もはや避けては通れない「地域間格差」の戦後史、さらには「若者の貧困」「主婦の変質」をめぐる章を追加した大増補版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 舞台装置は階級構造-「フィガロの結婚」と「天国と地獄」をめぐって
  • 格差をどうとらえるか
  • 格差縮小から格差拡大へ-戦後日本のメガトレンド
  • 貧しさからの出発-敗戦から一九五〇年まで
  • 「もはや戦後ではない」-一九五〇年代
  • 青春時代の格差社会-一九六〇年代
  • 「一億総中流」のなかの格差-一九七〇年代
  • 格差拡大の始まり-一九八〇年代
  • 日本社会の再編成-一九九〇年代
  • 新しい階級社会の形成-二〇〇〇年代
  • 地域間格差の戦後史
  • 戦後史のなかの若者の貧困
  • 戦後史のなかの主婦-特権から清貧へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「格差」の戦後史 : 階級社会日本の履歴書
著作者等 橋本 健二
書名ヨミ カクサ ノ センゴシ : カイキュウ シャカイ ニホン ノ リレキショ
シリーズ名 河出ブックス 066
出版元 河出書房新社
刊行年月 2013.12
版表示 増補新版.
ページ数 294p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-62466-2
NCID BB14306611
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22346724
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想