知恵の探求とは何か : 哲学的思索への手引き

金子晴勇 著

著者は50年以上にわたり、哲学、倫理学、人間学、宗教学、ヨーロッパ文化論など多岐にわたる講義をしてきた。多くの入門書は哲学的知識を羅列して説明するケースが多いが、本書は哲学の豊かな遺産を生きた言葉として思索に活かすうえで有用な方法を身につけるための稀有な哲学入門である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 何から知恵は始まるのか
  • 第2章 知識はどのように区別されるのか
  • 第3章 認識の機能とは何か
  • 第4章 人間についての問い
  • 第5章 倫理への問い
  • 第6章 文化と宗教への問い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知恵の探求とは何か : 哲学的思索への手引き
著作者等 金子 晴勇
書名ヨミ チエ ノ タンキュウ トワ ナニカ : テツガクテキ シサク エ ノ テビキ
出版元 知泉書館
刊行年月 2013.12
ページ数 155p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86285-167-3
NCID BB14305798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22340991
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想