2020年新聞は生き残れるか

長谷川幸洋 著

東京五輪決定の大ニュース翌日は新聞休刊日。だが、私たちに不都合があっただろうか?それでも新聞は必要なのか?東京新聞論説副主幹がリアルに告発するマスメディアのポチ化、言論の堕落。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 こんな新聞ならもういらない?
  • 第1章 ジャーナリズムのデフレ敗戦
  • 第2章 日銀と財務省に洗脳される記者たち
  • 第3章 なぜメディアは政策をまともに論じられないのか
  • 第4章 ジャーナリストの仕事、私の流儀
  • 第5章 新聞を出し抜くネット・ジャーナリズム
  • 第6章 メディアと政府の関係を変える「オープン・ガバメント」
  • 第7章 ジャーナリズムが生き残るためにすべきこと
  • 特別収録 大鹿靖明インタビュー
  • 終章 職業ジャーナリストは何で食っていくのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 2020年新聞は生き残れるか
著作者等 長谷川 幸洋
書名ヨミ ニセンニジュウネン シンブン ワ イキノコレルカ
出版元 講談社
刊行年月 2013.11
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-218694-0
NCID BB14303205
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22338206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想