翻訳の時代

アントワーヌ・ベルマン [著] ; 岸正樹 訳

フランスの翻訳研究の第一人者であり、名著『他者という試練』で知られるベルマンが、二十世紀の翻訳論の「中心テクスト」としてのベンヤミンのエッセイを詳細に読み解く。バベル的な複数言語世界における逐語性、純粋性、忠実性についての理論的批判であるとともに、翻訳行為の歴史性や作品の存在論を問う精密な思索。国際哲学コレージュでの未刊の講義ノートを初集成した、翻訳思想への入門。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 翻訳の時代
著作者等 Berman, Antoine
岸 正樹
ベルマン アントワーヌ
書名ヨミ ホンヤク ノ ジダイ : ベンヤミン ホンヤクシャ ノ シメイ チュウカイ
書名別名 L'ÂGE DE LA TRADUCTION

ベンヤミン「翻訳者の使命」註解
シリーズ名 翻訳者の使命 1003
叢書・ウニベルシタス 1003
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2013.12
ページ数 311,3p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-01003-3
NCID BB14279417
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22380048
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想