入門・経済学 = Introduction to Economics

藪下史郎, 猪木武徳, 鈴木久美 編

親しみやすい具体例を用いた説明によって、エッセンスを直観的に理解できます。数値例や例題を解きながら、経済学の基礎理論を習得できます。豊富な統計データから現実の経済問題を概観できます。労働、財政・社会保障、金融、国際貿易、国際金融などの応用問題を幅広く学習できます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 経済学とはどんな学問か
  • 第1編 基礎理論編(需要と供給-モノの価格はどう決まるか?
  • 消費者行動の理論-値段が下がるとなぜより多く買うのか?
  • 企業行動の理論-企業はどのように生産量を決めるのか?
  • 市場構造と資源配分-なぜ「見えざる手」が働かないことがあるのか?
  • 国民所得とマクロ経済活動-GDPとは何か、どのように決まるのか?
  • IS・LM分析:金融緩和によって景気は回復するか?
  • 物価と経済成長:インフレ・デフレはなぜ生じるのか?)
  • 第2編 応用編(競争と規制-なぜ政府は市場に介入することがあるのか?
  • 労働市場-賃金と雇用はどのように決まるのか?
  • 財政と社会保障-なぜ社会保障支出は増え続けているのか?
  • 金融-金融危機はなぜ起きるのか?
  • 国際貿易と直接投資-グローバル化すると経済は豊かになるのか?
  • 国際金融:なぜ欧州債務危機は起きたのか?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門・経済学 = Introduction to Economics
著作者等 猪木 武徳
藪下 史郎
鈴木 久美
書名ヨミ ニュウモン ケイザイガク
書名別名 Introduction to Economics

Nyumon keizaigaku
出版元 有斐閣
刊行年月 2013.12
版表示 第3版.
ページ数 416p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-16419-2
NCID BB14265296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22344003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想