書斎の宇宙 : 文学者の愛した机と文具たち

高橋輝次 編

机、原稿用紙、万年筆、鉛筆…。身近な文具にまつわるエッセイを通じて、家族や友人、師との関わり、若かりし日々の思い出、執筆に当たっての葛藤など、創作活動の秘密を浮かび上がらせるアンソロジー。全59篇収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 わたしの机たち(「机」(室生犀星)
  • 「朱き机の思出」(里見〓(とん)) ほか)
  • 2 机上風景(「書卓の上」(島村抱月)
  • 「わたくしの執筆癖」(日夏耿之介) ほか)
  • 3 原稿用紙と筆記具(「原稿用紙その他」(石川欣一)
  • 「先輩の忠告」(安岡章太郎) ほか)
  • 4 机の周辺(「地球儀」(澁澤龍彦)
  • 「ファクス深夜便」(大岡信) ほか)
  • 5 わたしの書斎(「書斎」(野村胡堂)
  • 「書斎」(伊藤整) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書斎の宇宙 : 文学者の愛した机と文具たち
著作者等 高橋 輝次
書名ヨミ ショサイ ノ ウチュウ : ブンガクシャ ノ アイシタ ツクエ ト ブングタチ
シリーズ名 ちくま文庫 た70-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.12
ページ数 314p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43126-4
NCID BB14264497
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22354225
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
6Bの鉛筆 内館牧子
「机」/「机のある部屋」 壺井栄
「追っかけ」/「原稿用紙、その後」 小檜山博
わが幻の書斎 高橋義孝
わが筆硯の具 山口瞳
わたくしの執筆癖 日夏耿之介
カレンダー 安藤鶴夫
ファクス深夜便 大岡信
万年筆 福永武彦
万年筆 徳田秋声
万年筆という舟 宮城谷昌光
二月堂の机 上林暁
先輩の忠告 安岡章太郎
入学祝い 吉村昭
原稿用紙 吉行淳之介
原稿用紙 河野多惠子
原稿用紙その他 石川欣一
原稿用紙と万年筆のこと 津村節子
古い机 池田弥三郎
古机 吹田順助
四つの机 川端康成
四角な机丸い机 尾崎 一雄
地球儀 澁澤龍彦
小さな仕事机 水上勉
小説とワープロ 小川洋子
広い机 黒井千次
抽斗の中 戸板康二
掌の側面 藤堂志津子
文机 常盤新平
文楽と机と 網野菊
日々是送受信 山本文緒
書くこと 谷川俊太郎
書卓の上 島村 抱月
書斎 伊藤整
書斎 野村胡堂
書斎の工夫 安岡章太郎
書斎の幸福 天野忠
本との闘い 津村節子
朱き机の思出 里見弴
室生犀星
内田百閒
長田弘
團伊玖磨
机の上 團伊玖磨
机の上 木山 捷平
机の記 久保田万太郎
机上のもの 北川桃雄
机上風景 井伏 鱒二
机辺歳晩 奥野信太郎
消しゴムのよしあしは消しカスの量で決まる 柴門ふみ
父の万年筆 久世光彦
私のいる場所 宮尾登美子
私の書斎 小牧健夫
私の書斎 中村真一郎
私の机 岡本 綺堂
紙に下書き 岸本葉子
綴じる 吉村昭
鉛筆 川本三郎
鉛筆雑感 杉本苑子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想