岩波茂雄と出版文化 : 近代日本の教養主義

村上一郎 著

村上一郎が著した、熱情的で文士的な評伝『岩波茂雄 成らざりしカルテと若干の付箋』は、岩波書店の深層と出版産業の構造に肉迫する。日本型教養は、なぜ泥臭いのか?出版文化とアカデミズムの間には、正統性調達の「相互依存」がなかったか?岩波文化と講談社文化の対立の図式は正しいのか?近代日本社会史を再考する試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 学術文庫版イントロ 村上一郎と『岩波茂雄』
  • 岩波茂雄-成らざりしカルテと若干の付箋(予断
  • 信州人
  • 岩波は何を避けたか?
  • 岩波の"戦争と平和"
  • 岩波と部下たち ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波茂雄と出版文化 : 近代日本の教養主義
著作者等 村上 一郎
竹内 洋
書名ヨミ イワナミ シゲオ ト シュッパン ブンカ : キンダイ ニホン ノ キョウヨウ シュギ
シリーズ名 講談社学術文庫 2208
出版元 講談社
刊行年月 2013.12
ページ数 164p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292208-1
NCID BB14255907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22343999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想