斜線 : 方法としての対角線の科学

ロジェ・カイヨワ 著 ; 中原好文 訳

「宇宙は解き難く錯綜している…しかしそれは解きほぐされうるものだということに賭けねばならない。さもなければ、思考というものはいかなる意味ももたない…」。蝶の翅、岩石の文様、絵画、神話…。深奥においてすべての現象を統べる原理があるのではないか?フランスの戦闘的な知の巨人が提唱した「対角線の科学」の方法と可能性を読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(ラマルクの誤謬
  • 循環的時間、直線的時間
  • 付録 自然における幻想的なものに関する逆説的観念)
  • 第2部(現前している想像の世界
  • 変化発展しつつある想像の世界)
  • 結論にかえて 詩への接近-アラン・ボスケへの手紙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 斜線 : 方法としての対角線の科学
著作者等 Caillois, Roger
中原 好文
カイヨワ ロジェ
書名ヨミ シャセン : ホウホウ ト シテ ノ タイカクセン ノ カガク
書名別名 Obliques
シリーズ名 講談社学術文庫 2209
出版元 講談社
刊行年月 2013.12
ページ数 252p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292209-8
NCID BB14254700
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22344559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想