認知症のコミュニケーション障害

三村將, 飯干紀代子 編著

コミュニケーションという切り口で認知症をとらえ、支援のための実用的な方法論を提言。「認知症患者の聴覚障害の評価方法を知りたい」「前頭側頭型認知症に対するコミュニケーション支援のポイントは何か」といった臨床上の疑問を解決する手段として活用することもできる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 認知症のコミュニケーション障害(認知症総論
  • コミュニケーション総論
  • 認知症におけるコミュニケーション障害)
  • 第2章 コミュニケーション障害評価(原因別評価
  • 認知症の日常生活評価の実際
  • 自伝的記憶の聴取)
  • 第3章 コミュニケーション支援(コミュニケーションの類型化に基づく支援方法
  • 原因疾患別・重症度別の関わり方
  • BPSDへの対応 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知症のコミュニケーション障害
著作者等 三村 將
飯干 紀代子
書名ヨミ ニンチショウ ノ コミュニケーション ショウガイ : ソノ ヒョウカ ト シエン
書名別名 その評価と支援
出版元 医歯薬
刊行年月 2013.12
ページ数 172p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-263-21435-0
NCID BB14216122
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22345267
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想