ソーシャル無法地帯

ローリー・アンドリューズ 著 ; 田中敦 訳

個人情報の悪用が横行する、SNS(ソーシャル・ネットワーク・システム)は治外法権なのか?-多数の実例から明らかになったSNSを介した個人情報の盗用・捏造などの危険性。プライバシーゼロの時代に私たちはそれらとどう立ち向かい、どう自己防衛していくべきか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フェイスブックという国家
  • 検索の落とし穴
  • オンラインの自己とオンラインの自己の乖離
  • 技術の進歩と基本的人権
  • 自由を拡張させた「つながる権利」
  • 保障されるべき言論の自由
  • 死を招きかねない言論にも自由を与えるべきか
  • 場所のプライバシーは保護されるべきか
  • 情報のプライバシーは保護されるべきか
  • 親権に影響を及ぼすソーシャル・ネットワーク
  • 陪審員裁判とソーシャル・ネットワーク
  • ソーシャル・ネットワーク法廷に持ち込む是非
  • 法手続きの権利
  • ソーシャル・ネットワークとこれからの憲法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソーシャル無法地帯
著作者等 Andrews, Lori B
田中 敦
Andrews Lori
アンドリューズ ローリー
書名ヨミ ソーシャル ムホウ チタイ
書名別名 I KNOW WHO YOU ARE AND I SAW WHAT YOU DID
出版元 イースト・プレス
刊行年月 2013.11
ページ数 381p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7816-1065-8
NCID BB14211887
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22331778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想