マルサス ミル マーシャル : 人間と富との経済思想

柳田芳伸, 諸泉俊介, 近藤真司 編

[目次]

  • 第1部 マルサス(『人口論』初版における功利主義
  • チャーマーズの「享楽の一般標準」の概念について
  • マルサス主義的結婚システム論の一展開-下層中流階級の家庭生活の分析を通して)
  • 第2部 ミル(J・S・ミルの救貧思想
  • J・S・ミルの経済学と人間的成長-教育と労働者の自律をめぐって
  • ミルの賃金基金説とフェミニズム
  • ヘンリ・フォーセットの労働者自立論)
  • 第3部 マーシャル(マーシャル『経済学原理』における人間観-J・S・ミルとの関係から
  • マーシャルと有機的成長
  • 新自由主義の人間福祉経済学-J.A.ホブスンの貢献)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルサス ミル マーシャル : 人間と富との経済思想
著作者等 柳田 芳伸
諸泉 俊介
近藤 真司
書名ヨミ マルサス ミル マーシャル : ニンゲン ト トミ トノ ケイザイ シソウ
書名別名 Marusasu miru masharu
出版元 昭和堂
刊行年月 2013.11
ページ数 261,4p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8122-1344-5
NCID BB14199690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22338975
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想