巨大地震の科学と防災

金森博雄 著 ; 瀬川茂子, 林能成 構成

大きな被害、さまざまな揺れ方-巨大地震はなぜ起こる?カリフォルニア工科大学を拠点に世界の地震学をリードしてきた泰斗の、初の地震学入門。予知、予測の可能性など、科学がどのような警鐘を鳴らせるか、社会との関わり方も考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 地震学を始める
  • 2章 プレートテクトニクス
  • 3章 マグニチュード-地震の規模を示す
  • 4章 地震波が教えてくれたこと-多様な地震像
  • 5章 奇妙な地震「津波地震」
  • 6章 アスペリティ
  • 7章 予知・予測への期待と現実

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 巨大地震の科学と防災
著作者等 林 能成
瀬川 茂子
金森 博雄
書名ヨミ キョダイ ジシン ノ カガク ト ボウサイ
書名別名 Kyodai jishin no kagaku to bosai
シリーズ名 朝日選書 912
出版元 朝日新聞
刊行年月 2013.12
ページ数 218,5p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-263012-4
NCID BB14199453
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22343723
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想