生物の大きさはどのようにして決まるのか

大島靖美 著

絶滅した恐竜には巨大なものがいた。現在の世界でも巨大なクジラや樹木がある。一方、肉眼では見えない小さな生物もたくさん存在する。生物の大きさは多様であり、どの生物にとっても重要な特徴となっている。では、生物の体の大きさはどのようにして決まるのか。全容は複雑で未解明な部分が多いものの、その仕組みが少しずつわかってきた。本書では、現在までに明らかになった大きさ決定の遺伝子レベルの話から、ペットや農作物などの大きさを自由に変えるような応用的な話まで、わかりやすく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生物の体の大きさはこんなにも違う
  • 第2章 動物、植物に共通な大きさ決定の仕組み-細胞の数と大きさはどのようにして決まるか?
  • 第3章 動物の大きさはこのようにして決まる
  • 第4章 肥満になるのはなぜか-栄養や環境と動物の大きさ
  • 第5章 植物の大きさはこのようにして決まる
  • 第6章 大きさを自由に変える-大きさの研究の応用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生物の大きさはどのようにして決まるのか
著作者等 大島 靖美
書名ヨミ セイブツ ノ オオキサ ワ ドノヨウニ シテ キマル ノカ : ゾウ ト ネズミ ノ チガイ オ ウム イデンシ
書名別名 ゾウとネズミの違いを生む遺伝子

Seibutsu no okisa wa donoyoni shite kimaru noka
シリーズ名 DOJIN選書 56
出版元 化学同人
刊行年月 2013.11
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7598-1356-2
NCID BB14184627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22424745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想