コミュニケーションの起源を探る

マイケル・トマセロ 著 ; 松井智子, 岩田彩志 訳

人間のコミュニケーションは指さしと物まねからはじまった。人間の子どもと大型類人猿の比較から明らかになるその進化的起源。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 基盤構造に焦点をあてて
  • 第2章 霊長類の志向的なコミュニケーション
  • 第3章 人間の協力に基づくコミュニケーション
  • 第4章 団体発生的起源
  • 第5章 系統発生的起源
  • 第6章 文法的側面
  • 第7章 類人猿の身振りから人間の言語へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コミュニケーションの起源を探る
著作者等 Tomasello, Michael
Tomasello, William Michael
岩田 彩志
松井 智子
トマセロ マイケル
書名ヨミ コミュニケーション ノ キゲン オ サグル
書名別名 Origins of Human Communication
シリーズ名 ジャン・ニコ講義セレクション 7
出版元 勁草書房
刊行年月 2013.11
ページ数 331,33p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-19963-1
NCID BB14182461
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22338319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想