非核芸術案内 : 核はどう描かれてきたか

岡村幸宣 著

丸木位里・俊"原爆の図"、ベン・シャーン"ラッキー・ドラゴン・シリーズ"、こうの史代"夕凪の街 桜の国"、ヤノベケンジ"サン・チャイルド"-1945年の広島・長崎への原爆投下から2011年の福島原発事故まで、核はどのように表現されてきたのか。忘却に抗い、核の脅威を視覚化し続けてきた「非核芸術」の系譜をたどり、人間と核との関係をあらためて問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 原爆を表現する
  • 2 第五福竜丸の被ばくと原発
  • 3 チェルノブイリ以後の世界
  • 4 「三・一一」後の非核芸術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 非核芸術案内 : 核はどう描かれてきたか
著作者等 岡村 幸宣
書名ヨミ ヒカク ゲイジュツ アンナイ : カク ワ ドウ エガカレテ キタカ
シリーズ名 岩波ブックレット No.887
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.12
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270887-4
NCID BB14170597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22358587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想