自己が心にやってくる : 意識ある脳の構築

アントニオ・R・ダマシオ 著 ; 山形浩生 訳

われわれヒトの生物種としての特徴は大きな脳をもち、複雑な行動ができること。しかし、複雑な行動はヒトの専売特許ではなく、単細胞生物だってする。では違いはどこにあるか。それは意識の有無だ。そして、意外に思えるかもしれないが、意識はわれわれの心のなかに「自己」がやってくるまでできあがらないのである…行動における感情・情動の意外な重大さを知らしめた「ソマティック・マーカー仮説」をはじめとする、神経医学の豊富な症例に裏づけられた学説により脳科学の第一人者と目されるダマシオが、意識の形成に関するこれまでの自説を微調整しつつ、文化や文明をも視野に入れた大胆な仮説を打ち出す待望の最新作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 出直し(目を覚ます
  • 生命調整から生物学的価値へ)
  • 第2部 脳の中にあって心になれるのはどんなもの?(マップづくりとイメージづくり
  • 心の中の身体
  • 情動と感情
  • 記憶のアーキテクチャ)
  • 第3部 意識を持つ(意識を観察する
  • 意識ある心を作る
  • 自伝的な自己
  • まとめあげる)
  • 第4部 意識の後しばらく(意識と共に生きる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己が心にやってくる : 意識ある脳の構築
著作者等 Damasio, Antonio R
山形 浩生
ダマシオ アントニオ・R.
書名ヨミ ジコ ガ ココロ ニ ヤッテ クル : イシキ アル ノウ ノ コウチク
書名別名 SELF COMES TO MIND

Jiko ga kokoro ni yatte kuru
出版元 早川書房
刊行年月 2013.11
ページ数 433p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-15-209418-6
NCID BB14158616
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22335347
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想