元素はどうしてできたのか : 誕生・合成から「魔法数」まで

櫻井博儀 著

113番目の元素の合成に成功、原子核を特に安定にする「魔法数」を新たに発見するなど、世界最高の加速器を擁する理化学研究所は画期的な成果を挙げてきた。本書は理研の主任研究員である著者が、元素の誕生と合成のプロセスをわかりやすく解説する。天然の元素ができる3つのタイミング、同じ元素における複数の原子を掲載した核図表…。微小な元素の壮大なドラマ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 そもそも元素とは
  • 第2章 元素はいかにして生まれたか
  • 第3章 核図表と原子核研究
  • 第4章 実験室で元素をつくる
  • 第5章 日本の加速器研究の歴史
  • 第6章 RIビームファクトリーとこれからの原子核物理学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 元素はどうしてできたのか : 誕生・合成から「魔法数」まで
著作者等 櫻井 博儀
書名ヨミ ゲンソ ワ ドウシテ デキタ ノカ : タンジョウ ゴウセイ カラ マホウスウ マデ
書名別名 Genso wa doshite dekita noka
シリーズ名 PHPサイエンス・ワールド新書 074
出版元 PHP研究所
刊行年月 2013.12
ページ数 177p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-81548-0
NCID BB14155356
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22336348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想