豊国祭礼図を読む

黒田日出男 著

死してすぐに豊国大明神として祀られた豊臣秀吉。その七回忌の臨時祭礼を描いた「豊国祭礼図屏風」には、高台院(秀吉の妻)の顔貌が醜く描かれるという奇妙な特徴があった。制作の注文主は淀殿・秀頼。一方、大坂夏の陣の豊臣家滅亡後に岩佐又兵衛が描いた祭礼図では、秀頼と目されるかぶき者の「喧嘩」の場面が…。絵画史料に表れる「なぜ」から発して、秀吉没後、徳川家康の死までの慶長期の「空白」の歴史動向を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 豊国祭礼図から歴史は読めるのか
  • 1 天下人、神になる-信長・秀吉・家康
  • 2 秀吉の死と箝口令-イエズス会宣教師の報告
  • 3 慶長期の政治史-関ヶ原合戦と大坂の陣の「戦間期」の平和
  • 4 秀吉七回忌の豊国大明神臨時祭礼
  • 5 どのような「豊国祭礼図屏風」があるのか-研究史
  • 6 豊国神社本「豊国祭礼図屏風」と淀殿-慶長十年
  • 7 妙法院模本「豊国祭礼図屏風」と高台院-慶長十七年
  • 8 徳川美術館本「豊国祭礼図屏風」と岩佐又兵衛-元和元・同二年
  • エピローグ 「豊国祭礼図屏風」は歴史を語る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 豊国祭礼図を読む
著作者等 黒田 日出男
書名ヨミ ホウコク サイレイズ オ ヨム
書名別名 Hokoku saireizu o yomu
シリーズ名 角川選書 533
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2013.11
ページ数 293p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703533-1
NCID BB14149557
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22339037
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想