精神分析を語る

藤山直樹, 松木邦裕, 細澤仁 著

フロイトが精神分析を創始してから一世紀以上の時が過ぎ、こころの科学を取り巻く状況が一変しつつある今日、精神分析はわれわれに何をもたらすのだろうか。自由連想と解釈をめぐる技法論、トレーニング、カウチの使用や分析の頻度、料金の問題、心理学・精神医学との接点…。わが国の精神分析界を牽引してきた臨床家が、精神分析臨床を実践するうえでの現実的課題と展望を縦横無尽に語る。テクニカルな議論のみならず、自身を育んだ精神分析家や患者との出会い、臨床家としてのバックボーンなど、随所に語られる三者それぞれのパーソナルな精神分析観が交錯し、精神分析臨床家という生き方が立体的かつリアルに体験されるだろう。治療として、文化として、また生き方としての精神分析臨床の現在地を探る、出色の精神分析談義。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 精神分析とは何か?(精神分析との出会い
  • 精神分析家との出会い
  • 精神分析を選ぶということ ほか)
  • 第2部 精神分析のかたち(「精神分析」と「精神分析的精神療法(心理療法)」
  • 分析可能性
  • 解釈とはどういうことか ほか)
  • 第3部 精神分析的心理療法の実際(事例の概要
  • 心理療法過程
  • 導入 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分析を語る
著作者等 松木 邦裕
細澤 仁
藤山 直樹
書名ヨミ セイシン ブンセキ オ カタル
書名別名 Seishin bunseki o kataru
出版元 みすず書房
刊行年月 2013.11
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-622-07790-9
NCID BB1414532X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22332676
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想