入門科学哲学 = INTRODUCTION TO THE PHILOSOPHY OF SCIENCE : 論文とディスカッション

西脇与作 編著 ; 源河亨, 古賀聖人, 田中泉吏, 石田知子, 森元良太, 杉尾一 著

哲学の古典や日常の経験を超えて真理を探しに行こう。本書に掲載されている論文は、いずれも、科学哲学において今日、議論されることの多いテーマを扱っている。各論文のおわりには、論文についての質問、著者による解答、論文をめぐる議論を「ディスカッション」として掲載した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 科学哲学を学ぶために
  • 第1部 経験と知識の哲学(色や音は世界のなかにあるのか
  • 経験的知識とはどのようなものか-合理的非合理性から見た科学的知識と知覚的知識)
  • 第2部 生物学の哲学(有機体とは何か-生物学における存在論
  • 遺伝情報を考える
  • 進化論は生物の変化をどのように説明するのか)
  • 第3部 物理学の哲学(物理学の認識論的転回を目指して)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門科学哲学 = INTRODUCTION TO THE PHILOSOPHY OF SCIENCE : 論文とディスカッション
著作者等 古賀 聖人
森元 良太
源河 亨
田中 泉吏
石田 知子
西脇 与作
杉尾 一
書名ヨミ ニュウモン カガク テツガク : ロンブン ト ディスカッション
書名別名 INTRODUCTION TO THE PHILOSOPHY OF SCIENCE

Nyumon kagaku tetsugaku
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2013.11
ページ数 326p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7664-2102-6
NCID BB14131121
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22336881
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想