家族法

二宮周平 著

親権停止制度、子の権利の拡充、婚外子の遺産相続や高齢者の遺言能力の問題など、時代の変化に伴う新制度の運用や、最新判例・学説を反映。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章(家族法とは何か-その意義・機能・今日の課題
  • 家族紛争の解決方法)
  • 1 親族法(婚姻の成立
  • 婚姻の効力
  • 離婚の成立
  • 離婚の効果(離婚給付
  • 子への配慮) ほか)
  • 2 相続法(相続法の概略と相続の原則
  • 相続人の確定
  • 相続財産
  • 相続財産の管理と取戻し ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族法
著作者等 二宮 周平
書名ヨミ カゾクホウ
書名別名 Kazokuho
シリーズ名 新法学ライブラリ 9
出版元 新世社 : サイエンス社
刊行年月 2013.11
版表示 第4版.
ページ数 475p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88384-197-4
NCID BB14111995
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22334474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想