武士道の名著 : 日本人の精神史

山本博文 著

武士道とは何か。武士はいかに生き、死すべきなのか-。戦乱の世が生み出した軍学書『甲陽軍鑑』『五輪書』から、泰平の時代の倫理書『山鹿語類』『葉隠』へ。そして、幕末維新期の吉田松陰、西郷隆盛へと連なるサムライの思想水脈を経て、武士道を世界に知らしめた新渡戸稲造まで。日本人必読の名著12冊で知る、高潔にして強靱な武士の倫理と美学。章末には、各書から選りすぐった人生指南の「名言」を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 武士道、その精神と系譜
  • 小幡景憲『甲陽軍鑑』江戸時代初期-軍学第一の書
  • 柳生宗矩『兵法家伝書』寛永九年(一六三二)-柳生新陰流の奥義
  • 宮本武蔵『五輪書』寛永二十年(一六四三)-必勝の思想
  • 山鹿素行『山鹿語類』寛文五年(一六六五)-武士の職分とは何か
  • 堀部武庸『堀部武庸筆記』元禄十五年(一七〇二)-武士の一分を貫く
  • 山本常朝『葉隠』宝永七年〜享保元年(一七一〇〜一六)-「死狂い」の美学
  • 新井白石『折りたく柴の記』享保元年(一七一六)-古武士の風格
  • 恩田木工『日暮硯』宝暦十一年(一七六一)-為政者の理想の姿
  • 佐藤一斎『言志四録』文政七年〜嘉永六年(一八二四〜五三)-朱子学と陽明学の合体
  • 吉田松陰『留魂録』安政六年(一八九〇)-至誠にして動かざる者なし
  • 西郷隆盛『西郷南洲遺訓』明治二十三年(一八九〇)-義に生きる
  • 新渡戸稲造『武士道』明治三十三年(一九〇〇)-理想の日本人論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武士道の名著 : 日本人の精神史
著作者等 山本 博文
書名ヨミ ブシドウ ノ メイチョ : ニホンジン ノ セイシンシ
シリーズ名 中公新書 2243
出版元 中央公論新社
刊行年月 2013.11
ページ数 208p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102243-1
NCID BB14067791
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22353721
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想