血液型で分かるなりやすい病気・なりにくい病気 : がん、胃潰瘍、脳梗塞から感染症まで

永田宏 著

血液型を決める遺伝子のはたらきが解明されたのはわずか20年前。以降、分子生物学的な研究と大規模な疫学調査によって、血液型と病気の関係が次々と明らかになってきた。その最新の成果を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 血液型とは何か(100種類以上もある血液型
  • 血液型の発見 ほか)
  • 第2章 がんと血液型(がんに罹りやすい血液型が分かった
  • 世界全体で見た血液型の分布 ほか)
  • 第3章 血栓症-脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因(血も固まる怖い話
  • 固まりやすい血液型は? ほか)
  • 第4章 感染症と血液型(年間100万人が命を落とす最強の感染症マラリア
  • 日本でもマラリアが流行っていた ほか)
  • 第5章 血液型と寿命は関係するか(コーカサスの長寿村はウソだった!?
  • いちばん長生きな血液型は…? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 血液型で分かるなりやすい病気・なりにくい病気 : がん、胃潰瘍、脳梗塞から感染症まで
著作者等 永田 宏
書名ヨミ ケツエキガタ デ ワカル ナリヤスイ ビョウキ ナリニクイ ビョウキ : ガン イカイヨウ ノウコウソク カラ カンセンショウ マデ
シリーズ名 ブルーバックス B-1839
出版元 講談社
刊行年月 2013.11
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257839-4
NCID BB1405142X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22334215
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想