シェイクスピア時代の読者と観客

山田昭廣 著

英国史上未曾有の「演劇熱」を、推定観客数や戯曲の刊行点数などから明らかにするとともに、当時の戯曲本への書き込みを読み解き、読者のリアルな反応を探る。文化史および社会史の両面から、読者と観客の生きた姿に迫る労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 シェイクスピアとロンドンの人口
  • 第1章 読者層の形成
  • 第2章 識字率の向上とその演劇的反映
  • 第3章 演劇の興隆と戯曲の読者の誕生
  • 第4章 戯曲の読者-その遺墨(1)-チャップマン、フォード、マーストンの戯曲
  • 第5章 戯曲の読者-その遺墨(2)シェイクスピアの戯曲
  • 終章 読者の情熱

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シェイクスピア時代の読者と観客
著作者等 山田 昭広
山田 昭廣
書名ヨミ シェイクスピア ジダイ ノ ドクシャ ト カンキャク
書名別名 Sheikusupia jidai no dokusha to kankyaku
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2013.11
ページ数 321p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0748-1
NCID BB14041765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22335359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想