歴史の読み解き方 : 江戸期日本の危機管理に学ぶ

磯田道史 著

幕末日本で唯一GDPを計算していた長州藩のリテラシーの高さ、「いかに想定外をなくすか」-極めて実践的な「郷中教育」に育まれた薩摩藩。先達の叡智から日本の未来を切り開く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 江戸の武士生活から考える
  • 甲賀忍者の真実
  • 江戸の治安文化
  • 長州という熱源
  • 幕末薩摩の「郷中教育」に学ぶ
  • 歴史に学ぶ地震と津波
  • 司馬文学を解剖する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史の読み解き方 : 江戸期日本の危機管理に学ぶ
著作者等 磯田 道史
書名ヨミ レキシ ノ ヨミトキカタ : エドキ ニホン ノ キキ カンリ ニ マナブ
シリーズ名 朝日新書 434
出版元 朝日新聞
刊行年月 2013.11
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273534-8
NCID BB14037484
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22332018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想