ブルーライト体内時計への脅威

坪田一男 著

スマートフォン、タブレット、LED照明…今や日常生活の至るところで、我々が否応なく過剰に浴びているブルーライト。実は、その光は眼に、人体に深刻な影響を与えている。眼精疲労や加齢黄斑変性など眼への影響だけではなく、夜間に過剰なブルーライトを浴びると体内時計が壊れ、心身に変調をきたすのだ。LEDディスプレイから発せられる、そうした光をカットするPCメガネの登場など世の中の関心が高まるなか、増え続けるブルーライトの使用に警鐘を鳴らし、対策を伝授する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ブルーライトはハザードか?(空はなぜ青いのか?
  • 網膜へのダメージ ほか)
  • 第2章 ブルーライトはどこから出ている!?(端末から放たれるブルーライトの量
  • 日本人は世界一明るい照明が好き? ほか)
  • 第3章 ブルーライトと時計遺伝子(体内時計はなぜ二四時間周期なのか?
  • 「第三の視細胞」の発見 ほか)
  • 第4章 ブルーライトと健康(明るさは豊かさの象徴か?
  • 光で迷子になる生き物たち ほか)
  • 第5章 ブルーライトとの付き合い方(ブルーライト二つのルール
  • 多すぎるブルーライトをカットする ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブルーライト体内時計への脅威
著作者等 坪田 一男
書名ヨミ ブルー ライト タイナイ ドケイ エノ キョウイ
シリーズ名 集英社新書 0716
出版元 集英社
刊行年月 2013.11
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720716-3
NCID BB1403530X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22332548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想