生物とコラボする : バイオプラスチックの未来

工藤律子 著

植物で自動車をつくる、クモの糸を人工的につくる、ミドリムシからプラスチックをつくる。そんな夢の実現に向けて研究をつづける科学者たち。大学や企業などで開発が進む地球環境にやさしい技術は、けっして未来の技術ではなく、すでに実用化されているものも多い。生物と人間が切りひらく新しい材料の、現在と未来を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ、デンプンからプラスチックなの?
  • 土に還るプラスチックをつくる
  • トウモロコシとコラボする
  • ミドリムシとコラボする
  • 酵素とコラボする
  • 樹とコラボする
  • 生物とコラボする未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生物とコラボする : バイオプラスチックの未来
著作者等 工藤 律子
書名ヨミ セイブツ ト コラボ スル : バイオ プラスチック ノ ミライ
書名別名 Seibutsu to korabo suru
シリーズ名 岩波ジュニア新書 759
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.11
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-500759-2
NCID BB14032232
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22339021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想