東京下町山の手 : 1867-1923

エドワード・サイデンステッカー 著 ; 安西徹雄 訳

"東京"は、いつ生まれ、どう育ったのか。本書は数々の日本文学を世界に紹介した泰斗による東京論・近代日本論である。江戸の残照を映す下町と、下町文化。近代化を担った山の手と、山の手文化。二つのせめぎあいと融けあいを軸としながら、維新から大震災まで、モダン都市・東京へと変貌するさまをたどり、失われゆく"原・東京"を愛惜をこめて描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 終末、そして発端
  • 2 文明開化
  • 3 二重生活
  • 4 デカダンスの退廃
  • 5 下町 山の手
  • 6 大正ルック

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京下町山の手 : 1867-1923
著作者等 Seidensticker, Edward
安西 徹雄
Seidensticker Edward G.
サイデンステッカー エドワード・G.
書名ヨミ トウキョウ シタマチ ヤマノテ : センハッピャクロクジュウナナ センキュウヒャクニジュウサン
書名別名 LOW CITY,HIGH CITY

Tokyo shitamachi yamanote
シリーズ名 講談社学術文庫 2204
出版元 講談社
刊行年月 2013.11
ページ数 406p 図版16p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292204-3
NCID BB13995668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22332192
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想