吉田松陰著作選 : 留魂録・幽囚録・回顧録

吉田松陰 著 ; 奈良本辰也 編

幕末動乱の時代、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文ら、倒幕・維新を実現する人材を育てあげ、明治維新の精神的理論の支柱と称された長州藩士、吉田松陰。『幽囚録』『対策一道』『回顧録』などの代表的著述に丁寧な語釈と平易な現代語訳を施した原典を通して迫る、至誠と行動を貫徹した時代の変革者の思想。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 解説 松陰の人と思想
  • 留魂録
  • 要駕策主意
  • 幽囚録
  • 対策一道・愚論・続愚論
  • 回顧録
  • 急務四条
  • 書簡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吉田松陰著作選 : 留魂録・幽囚録・回顧録
著作者等 吉田 松陰
奈良本 辰也
書名ヨミ ヨシダ ショウイン チョサクセン : リュウコンロク ユウシュウロク カイコロク
シリーズ名 講談社学術文庫 2202
出版元 講談社
刊行年月 2013.11
ページ数 443p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292202-9
NCID BB13990154
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22332196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想