モンゴル = Mongolia : 草原生態系ネットワークの崩壊と再生

藤田昇, 加藤聡史, 草野栄一, 幸田良介 編著

過放牧、人口問題、地球温暖化…。2000年以上にわたる遊牧の歴史をもつモンゴル草原で、近年様々な要因による草原の劣化・砂漠化が深刻視されている。モンゴルの牧畜の将来シナリオを検証し、自然と社会の持続的・経済的な関係を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 地球環境の中のモンゴル
  • 第1部 草原と森林の生態系ネットワーク(水資源と水循環
  • 草原と遊牧の環境学
  • 土壌の環境学
  • 森林の環境学
  • モンゴルの野生動物-フスタイ国立公園の今)
  • 第2部 人間活動と生態系ネットワーク(市場経済下の牧畜業
  • 牧畜・農業と土地利用
  • 牧畜民の移住と都市化
  • 鉱業と土地・水資源
  • 日本・モンゴル関係の現在-経済的な結びつき
  • 日本・モンゴル関係の展開-友好と協力)
  • 草原と遊牧の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モンゴル = Mongolia : 草原生態系ネットワークの崩壊と再生
著作者等 加藤 聡史
草野 栄一
藤田 昇
幸田 良介
書名ヨミ モンゴル : ソウゲン セイタイケイ ネットワーク ノ ホウカイ ト サイセイ
書名別名 Mongolia

Mongoru
シリーズ名 環境人間学と地域
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2013.10
ページ数 685p 図版16p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87698-299-8
NCID BB13965725
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22323228
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
モンゴルにおける森林破壊と劣化した森林の再生 J.ツォグトバータル
モンゴルの地誌とその特徴 幸田良介
モンゴルの気候と地球温暖化 B.エンフジャルガル, Z.バトジャルガル
モンゴルの水資源 B.エンフジャルガル, Z.バトジャルガル
モンゴルの生態系ネットワークと将来シナリオ 山村則男, 酒井章子, 藤田 昇
モンゴルの草原にようこそ Z.バトジャルガル
モンゴルの遊牧における季節移動 G.U.ナチンションホル, L.ジャルガルサイハン
モンゴルの野生動物 幸田良介
モンゴル牧畜持続性を計算する 加藤 聡史
土地制度の歴史と現在 上村明
土地私有化政策と首都のスプロール現象 堤田成政
土壌の劣化 三好隼平, 田村憲司
地球環境の中の温帯・亜寒帯草原 藤田 昇
定住モンゴル牧畜民の現在 児玉香菜子
家畜の分布と密度 西前出
日本・モンゴル関係の展開 Z.バトジャルガル
日本・モンゴル関係の現在 草野栄一
森林の動態に対する人為攪乱の影響 幸田良介, 廣部宗, 音田高志
気候と人間活動の変動を取り入れたモンゴルの植生変動モデル 石井励一郎
激変する遊牧草原と環境問題 藤田 昇
生態系の変動を測る 永井信
生態系の持続性を測る 兵藤不二夫, 和田英太郎, 陀安一郎 ほか
生態系の構造を測る 高津文人
畜産品の需給動向 草野栄一
背景をとらえる 上村明
草原と遊牧の環境学 藤田 昇
草原の水循環 杉田倫明
草原利用の未来 藤田 昇
農業開発と環境保全 小長谷有紀
過放牧による摂食耐性植物の優占と土壌のアルカリ性化 幸田良介, 藤田 昇
都会と田舎の人口移動の数理モデル 山村則男
都市周辺地域への遊牧民の移住 鬼木俊次
鉱業と土地・水資源 鈴木由紀夫
首都の人口増加とそれに伴う河川の水質汚濁 伊藤雅之, 永田俊, 陀安一郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想