町村合併から生まれた日本近代 : 明治の経験

松沢裕作 著

明治七年の町村数約七万八千、明治二二年の町村数一万六千弱。明治の大合併、それは新たな境界線を社会に引く試みだった。あいつぐ町村からの異議申し立て、合併後も紛争を抱える自治体…近世の地縁的・身分的共同体というモザイク状の世界から、近代の大字‐市町村‐府県‐国家という同心円状の世界へ。府藩県三治制、大区小区制、そして明治二二年の大合併にいたる「地方制度」の変遷をたどりながら、近代社会そのものを問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 境界を持たない社会・境界を持つ権力
  • 第1章 江戸時代の村と町
  • 第2章 維新変革のなかで
  • 第3章 制度改革の模索
  • 第4章 地方と中央
  • 第5章 市場という領域
  • 第6章 町村合併
  • むすび 境界的暴力と無境界的暴力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 町村合併から生まれた日本近代 : 明治の経験
著作者等 松沢 裕作
書名ヨミ チョウソン ガッペイ カラ ウマレタ ニホン キンダイ : メイジ ノ ケイケン
書名別名 Choson gappei kara umareta nihon kindai
シリーズ名 講談社選書メチエ 563
出版元 講談社
刊行年月 2013.11
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258566-8
NCID BB13959802
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22331318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想